----------------------------------------------------------
本ブログの内容は、左カラムにある「本ブログのコンテンツ」にて分かれていますので、選択してご覧下さい。

※略称について
ATP(Associate Turn-around Professional)
:事業再生士補
CTP(Certified Turn-around Professional)
:事業再生士
----------------------------------------------------------

2010年05月23日

10年5月ATP試験受験雑感

昨年のリベンジということで、本日、法律科目の試験を受験してきました。

総論としては、「完璧でした!」と言いたかったのですが、「まあ何とか合格点には届いたかな」という期待はずれの感触でした。。

とは言え、さすがに合格点に届くかなというのは、1回解き終わってかなり不安を感じましたので、ちょっとした集計をしておきました。

 @恐らく合っている(であろう)問題数  :11問

 A2択まで絞れたものの確実ではない問題数:7問

 B誤っている箇所をみつけられない問題数 :2問

という感じでした。

仮に、@が80%正解、Aが50%正解、Bが誤答、とすると、

 11×5×0.8+7×5×0.5+2×5×0=61.5

となりますので、まあ合格ラインには届くかな、と。

法律については、リースとか立替給与とか、過去問では触れられてこなかった論点があったものの、出題傾向としてはこれまでどおりという感じだったんじゃないのでしょうか。

ちなみに、今年も過去問で出題された選択肢がいくつかそのまま出題されていましたから、やはり過去問にトライしていたほうが有利ではあったんでしょうね。

解答時間に関しては、1回転目が35分で終わり、見直しと自信を持てなかった設問の熟考を入れて、ほぼほぼ60分で終わりまして丁度良かった感じですかね。


で、今回の学習全体を振り返っての感想ですが、約半月という期間を区切った中での学習に取り組みましたが、おおよそ学習前にイメージしていた学習内容はこなせたので、それなりには満足のいく学習でした。

ただ、昨年とは違い、診断士試験前に時間を割かないといけなかったので、診断士学習を進められないことで、知識が消えていく不安には常にさらされてきました。

一応、倒産法制や企業再編等のATPでは必出論点が、診断士経営法務でも問われる可能性が高いので、集中的にそうした論点を今は学習しているんだ、と自分に言い聞かせていました。

無論、この5月にある程度の時間を法律学習に割くことを前提に、診断士1次受験科目に得点元として経営法務を入れているというのもありますが。

この意味では、ATP試験の結果に関わらず、今回の学習をしっかりと経営法務の学習に活かすよう、学習計画に反映させるつもりです。

また、本試験の3日前に風邪でダウンしてはしまいましたが、前回の新型インフル感染のように、直前の長期離脱を避けられたのは、最もほっとしている点でした。

あの悪夢だけはもう見たくなかったですからね。。

それと、累計の学習時間についてですが、107.5時間(目標:120時間、今回のみの学習時間:33時間)については、1日当たり2時間ちょっとですので、少し足りなかったかなあというのは、反省点ですね。

これからの診断士学習では、もっとアクセルを踏んでいかないといけないです。


まあ、そんなわけで、結果発表は2ヵ月後ということで、7月頃かと思いますので、診断士試験直前にいい報告が届いて弾みをつけられることを祈りながら、後は試験結果を待ちます。

本ブログも結果発表の日までまたお休みします。

それでは、本日受験された皆様、お疲れ様でした。

記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by turnaround-professional at 15:57| Comment(0) | 受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。