----------------------------------------------------------
本ブログの内容は、左カラムにある「本ブログのコンテンツ」にて分かれていますので、選択してご覧下さい。

※略称について
ATP(Associate Turn-around Professional)
:事業再生士補
CTP(Certified Turn-around Professional)
:事業再生士
----------------------------------------------------------

2010年08月23日

【質問】ATPと中小企業診断士の試験の難易度について

本ブログをご覧いただいた方から頂戴したご質問に回答します。


■ご質問

 ATPと中小企業診断士の試験の難易度について


■回答

 個人的な経験からすると、中小企業診断士のほうが断然難しいです。

 一応、その判断理由を2点挙げますので、よろしければご参考ください。

 (1)学習時間比較

   ATP:107.5時間(2回目で合格)
   診断士:1,368時間(2010年8月22日現在、未合格)

 (2)試験出題傾向

   ATP:過去問の類題あり
      →過去問対策で合格ライン可能
   診断士:過去問から傾向はつかめるが、
       類題はあまり出題されない

言い換えれば、国家試験と民間試験の違いということで、難易度は格段に違うように個人的には思います。

それと、ATPと診断士(1次)を比較した場合、もちろん事業再生絡みの論点はATPのほうが深堀りしますが、経営・財務・法務をそれぞれ総合的に比較すると、診断士1次の学習範囲にATPの学習範囲のかなりの部分収まるイメージのように、個人的に思っています。

ですので、診断士1次を学習してからATPに取り組むと、診断士学習範囲に+αくらいの感覚ですが、逆の場合は、かなりの新しい学習が必要になるイメージではないでしょうか(いずれも試験合格レベルを目指した場合)。

-----

以上、ご参考になれば幸いです。

記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by turnaround-professional at 19:20| Comment(2) | 読者からの質問とその回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速のご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

おそらく中小企業診断士の方が難しいのだろうと思っていましたが、勉強時間にしてそれほどの差があるとは驚きました。

Posted by sumaag at 2010年08月24日 18:06
試験の難易度比較については、”あくまでわたくしの実体験上のもの”ですので、本当にご参考程度にしていただければと思います。

診断士試験ももっと少ない時間で合格されている方もいらっしゃると思いますが、ATP試験でももっと少ない時間で合格されている方もいらっしゃいますし、やはり試験の難易度としては、ATP試験のほうが易しいのではないかと個人的には思います。

gamesman
Posted by gamesman at 2010年08月24日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。